Just another WordPress site

採用活動での効果

採用活動のためのパンフレット作成する効果

就職希望者のための会社説明会や、多くの企業が集まる合同企業説明会、また求職者予備軍への郵送などで多くの企業がパンフレットを用意しています。取引先などに渡すものと同じものを会社案内として渡すケースもありますが、就職希望者と取引先では求める情報が異なります。就職希望者には社内の雰囲気や勤務地、在籍している人の声などの情報が重要となるからです。優秀な人材を獲得するために、採用のためのパンフレットを制作してみてはどうでしょうか。
理想の人材を獲得できるパンフレットを作るポイントは、制作する前にどのような人材に来てもらいたいかを予め想定し、その人材に合わせてデザインをすることです。工学系の人を対象にするなら多少の専門用語が混ざっていても問題はありませんが、営業職として文系理系を問わずに採用するなら分かりやすい言葉で説明する必要があります。パンフレット制作会社に予めどのような人材を募集しているかを伝えておくと、制作会社から提案を受けることができます。
他のポイントとしては「やりがい」「社会貢献」などのキーワードを入れることです。これらの点は優秀な人材ほど重視をするポイントです。会社としても給料が高ければそれでいいという人よりも、やりがいを持って取り組んでくれる人に来てほしいでしょう。入社後のイメージを作ってもらうことも大切です。明るく楽しい職場やアットホームであることなどをアピールして、働く場のイメージを持ってもらいます。入社後は一人の社員としてどのように会社に貢献していけるか、社会に関わっていけるかという点は、求職者にとって大きなモチベーションを生みます。また、昇進ステップや先輩社員の声などを書くことで数年後の自分も思い描くことができます。社内研修が充実しているかどうか記載するとよいでしょう。また、会社のイメージを正確に伝えることによって、就職後の離職率を抑えることもできます。離職率が高いのは新人が採用前に入社後の働くイメージを十分に持てていなかったり、思い描いていたイメージと異なることが原因の一つです。自分の将来像を描くことができるパンフレットを制作すると、イメージのミスマッチを防ぎ離職率を下げることもできます。
採用活動に使用するパンフレットを制作する目的は、求職者の中で企業イメージを作ってもらい、この会社で働きたいと思わせることです。優秀なパンフレットを作って理想の人材を獲得しましょう。

最新記事

  • 地図などを効果的に載せるパンフレット制作のポイント 効果的なパンフレットを作るためにどうすればよいか困っている …

    地図などを効果的に

  • パンフレットの制作見本を参考にして紙を選ぶ パンフレットは、どのような紙を選ぶのかによっても、仕上がりが変化し …

    見本を参考にする

  • パンフレット制作における印刷の知識 パンフレットを制作する上では、印刷に関する知識も必要となります。製版会社で …

    印刷の知識